ラジコンはボディ作りが楽しいですよ

ラジコンは走らせるのも楽しいのですが、ボディを作るのがとても楽しいのです。

 

先日載せましたレッドブルF1仕様のラジコン。

 

f:id:Kamibukuro:20161201211144j:image

 

こちらはタミヤデザートゲイターというラジコンです。

 

DT02というシャシー(車体)に、ポリカーボネート製のボディが搭載されています。

 

f:id:Kamibukuro:20161201211030j:image

 

こちらは同じくレッドブルF1仕様なのですが、サンドバイパーというラジコンです。

 

シャシーは同じくDT02です。

 

ボディだけ載せ替える事ができます。

 

f:id:Kamibukuro:20161201211729j:image

 

ロゴはIllustratorで作成、シールプリントして貼り付けしています。

 

ダートとかで本格的に走らせると、細かいシールが剥がれちゃう事があるのが難点です。

 

本当はポリカーボネートボディの裏から貼って仕上げる方が綺麗なのですが、手間がかかり過ぎて挫折しました。

 

f:id:Kamibukuro:20161201212033j:image

 

懐かしのBAR HONDA仕様。

 

この頃のF1は面白かったなあ、、、音が良かったなあ、、、などと思いを馳せながらの作業。

 

f:id:Kamibukuro:20161201212155j:image

 

タバコスポンサーのロゴって、カッコいいのが多いですよね。

 

賛否はともかく、華があります。

 

f:id:Kamibukuro:20161201212317j:image

 

F1カーのデザインを、まったく違うボディに落とし込むのが、なかなか楽しいですよ。

 

明日は、違うマシンをご紹介致します。

 

ああ、かっこいい。

 

#F1 #ラジコン #Red Bull #HONDA