読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦車のラジコンもありますよ

ラジコン 戦車

ラジコンネタが続きます。

 

f:id:Kamibukuro:20161204230437j:image

 

ヘンロンという海外メーカーの、IV号戦車です。

 

第二次大戦中のドイツの戦車で、砲塔が短いF1型というタイプです。

 

ガールズ&パンツァーというアニメでお馴染みの戦車です。

 

 

 ヘンロン製の戦車ラジコンは、1/16スケールの戦車ラジコンとしては安価で入手できるのですが、ディティールはそれなりで、作りはなかなかにして雑です。

 

f:id:Kamibukuro:20161204231714j:image

 

1/35との比較。

 

デカくて場所を取ります。

 

ディスプレイしておく場所に困ります。

 

f:id:Kamibukuro:20161204231950j:image

 

こんな感じのセットです。

 

ミシン油を入れると排煙ギミックを再現できたり、BB弾を入れると発射できたりします。

 

ボディは「これが本当にドイツ戦車か?」と思えるくらい、妙に明るいグレーの単色で塗装されています。

 

 OVM(車載工具)などは、何となくは塗装されていますが、あくまでも何となくです。

 

なので、全塗装しました。

 

f:id:Kamibukuro:20161204233056j:image

 

バラせるだけバラしてからジャーマングレーで塗装、その後明るめのグレーでハイライトを入れました。

 

OVMなどは一部一体成型となっているため、筆塗りで塗り分けです。

 

f:id:Kamibukuro:20161204233355j:image

 

転輪は全部バラして塗装しました。

 

外周のゴムの部分は、一個ずつ筆塗りで塗り分けです。外側と内側で30個くらいあったので、気が変になりそうでした。

 

履帯はこのモデルはプラ製なので、それっぽい色に塗装しましたが、走行すると塗装がはげてしまいます。

 

f:id:Kamibukuro:20161204233631j:image

 

このヘンロンIV号は、F1型と銘打って販売してはいますが、実はボディがF2型なんですよね。

 

砲塔だけすげ替えて、F2型としても販売してますからね。

 

残念です。

 

f:id:Kamibukuro:20161205002347j:image

 

自作した大洗高校マークが貼ってあるゲペックカステン(砲塔後部の道具入れ)も、F1型には基本的には無いみたいです。

 

f:id:Kamibukuro:20161205002832j:image

 

ボディの前面装甲がF2型はこの様に一枚板ですが、F1型では機関銃のある部分が一段後退しているのです。

 

と言うわけで、腑に落ちない部分の多いヘンロンIV号戦車F1型。

 

腑に落ちないので、大改造する事にしました。

 

f:id:Kamibukuro:20161205003227j:image

 

今度は徹底的にバラします。

 

- つづく -

 

#戦車 #ラジコン #ガルパン