シシャモはシシャモではなかったのですよ

先日、同僚が以前から「オススメだ」と言っていた居酒屋さんに行ってきました。

 

東北の料理を食べさせてくれるお店で、名物は魚の干物だ、という事。

 

ことさら魚に目がないので、非常に楽しみにして参じたのですが

 

これがマジでウマイ。

 

f:id:Kamibukuro:20161126014414j:image

 

手始めに盛り合わせを頼んだのですが、卓上で炭火で炙りながら食べるとか、至高の幸せ。

 

魚の種類が半分くらい分かんなかったですが、本当に美味しかったです。

 

炙った干物に合うもの、と言えば

 

日本酒。

 

辛口の日本酒を、上燗にしていただく。

 

合間に干物と、いぶりがっこ

 

最高であります。

 

その日本酒の入れ物が少し変わってまして

 

f:id:Kamibukuro:20161126014958j:image

 

まるで、魔人ブウの家ではないかと。

 

でもいつまでも冷めない、とても良い徳利でした。

 

ところで、我々がいつも食べている、AEONや西友でひとパック200円前後で販売されている「シシャモ」 ですが、あれがシシャモじゃないって、知ってました?

 

「カラフトシシャモ」というらしく、本当のシシャモではないそうです。

 

f:id:Kamibukuro:20161126015523j:image

 

そして、生まれて初めての「リアル・シシャモ」

 

それなりのお値段はしますが、本当に美味かったです。

 

いつものシシャモよりも魚の身を感じる食感で「魚を食べてる!」って感じです。

 

ただ、とても漁獲量が少ないため、あまり流通はしていないとのこと。

 

いつものシシャモも、好きですけどね!